馬プラセンタ原液

馬プラセンタ原液と豚プラセンタのどちらを選ぶべき?

 

プラセンタには、馬・牛・羊・ヒト・植物由来のものがあります。

 

しかし、ヒト由来のものは、化粧品には使用できません。

 

植物由来のものは、胎盤に近い働きをする部位から抽出されている成分を使用したものです。(※植物には胎盤はないため)

 

多くのプラセンタ化粧品は、馬や豚由来のものがほとんどです。

 

そのため、馬プラセンタを使用しているものと、豚プラセンタを使用しているもののどちらを選べばいいのか悩むところですよね。

 

馬プラセンタ原液では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

馬プラセンタ原液と豚プラセンタのアミノ酸含有量の違い

 

馬プラセンタ原液は、豚由来の物よりもアミノ酸含有量が1.2倍もあるそうです。

 

馬プラセンタ原液

 

プラセンタ美容液の中でも、今、一番人気の高いリマーユプラセラ原液は、これに着目し、馬プラセンタを使用している商品です。

 

また、成長因子(GF)となる栄養素が豊富い含まれているんですよ!

 

この成長因子は、体内の組織に対して成長を促す物質のため、衰えた肌の若返りや健康な肌へと導いてくれます。

 

馬プラセンタにしろ、豚プラセンタにしろ、成分が濃厚な方がさらに良い効果が期待できます。

馬プラセンタ原液

商品を選ぶときには、「原液タイプ」を選ぶことが大切ですよ!

 

馬プラセンタ原液と豚プラセンタの安全性の違い

 

豚プラセンタを使用している化粧品で最も安全性が高いのが、国産のSPF豚を使用している商品です。

 

SPFとは、特定の病原体を除去しているという意味です。

 

国産SPF豚は、厳重な衛生管理のもとで飼育されているため、危険なものではありません。

 

しかし、豚は大量飼育による病原体の感染を防ぐために、ワクチンなどの投与の可能性もないとはいいきれません。

 

その点、病歴のある馬はサラブレッドにはなれないため、馬の中でも、サラブレッドの馬だけを使用したものが、安全面ではかなり高く評価することができます。

馬プラセンタ原液

馬は、豚に比べて寄生虫の可能性も低く、安全面では馬のほうが上といってもいいでしょう。

 

馬プラセンタ原液と豚プラセンタの価格面での違い

 

馬プラセンタ原液と豚プラセンタ原液の美容液で、価格を比較してみると、馬プラセンタ原液の方が、比較的高価な商品が多いです。

 

これは、豚由来に比べ、アミノ酸含有量が多いことが理由として挙げられます。

 

また、馬セラミドはヒトのセラミドに近いため、馬セラミドも配合されている馬プラセンタの美容液となると、さらに効果も期待できます。

 

馬セラミドは、肌馴染みが良いとされていることも人気の理由であり、お値段が高くなることも仕方がないのかもしれません。

馬プラセンタ原液

多少の即効性は、馬プラセンタの方があったとしても、どちらも使い続けて継続ケアしなければ意味がありません。

 

プラセンタに限らず、化粧品は自分の肌に合うものを使い続けることが大切ですね。

 

馬プラセンタ原液と豚プラセンタにはどんな効果があるの?

 

プラセンタは馬由来・豚由来に限らず、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す働きを期待することができます。

 

通常約28日間で生まれ変わるはずが、加齢や様々な原因により、ターンオーバーが阻害されてしまいます。

 

このターンオーバーを正常に戻す役割を担うのがプラセンタなんです。

 

代謝が阻害されると、メラニン色素が肌に残り、色素沈着を起こしてシミやくすみの原因にもなりかねません。

 

馬プラセンタ原液

 

また、ターンオーバーが何らかの理由により早すぎる場合も、肌に水分を保持できなくなり、乾燥や小じわの原因にもなってしまいます。

 

馬プラセンタ原液

 

肌トラブルの根本的なところにプラセンタがアプローチすることで、健やかな肌を手に入れることができます。

 

馬プラセンタ原液

 

正常なサイクルのターンオーバーを手に入れて、大切なお肌の予防・改善に役立ってくれますよ!